東淀川・阪急線「淡路」駅徒歩すぐ『ヒロレディースクリニック』婦人科・産科(健診)・女性内科。経験豊富な産婦人科専門医が複数在籍、女性医師外来診察日もあり(予定)。月経異常、ピル、不妊症、性感染症など幅広く診療を行っています。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍には、良性腫瘍(卵巣嚢腫など)、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍(がん)があります。卵巣嚢腫の約90%は良性で、約10%が悪性とされています。

良性腫瘍

卵巣嚢腫とは、卵巣に液体や脂肪がたまって大きくなる良性の腫瘍です。卵巣嚢腫は、中身によって、漿液性嚢胞、粘液性嚢胞、皮様性嚢胞、チョコレート嚢胞の4種類に分類されます。

症状

嚢腫が小さい場合、自覚症状はありません。大きくなれば、腹部膨満感、下腹痛、便秘の症状が出現したり、下腹部のしこりを触れることもあります。卵巣嚢腫が大きくなれば、卵巣嚢腫の茎捻転がおこり、急激な腹痛がおこることもあります。

検査

超音波(エコー)検査をまず行います。卵巣嚢腫が大きい場合や悪性の可能性が否定できない場合は、血液検査(腫瘍マーカー)、MRI検査などを行います。

治療

卵巣嚢腫が大きい場合(7cm以上)や悪性の可能性が否定できない場合は、手術を行います。悪性の可能性がほとんどない場合は、卵巣嚢腫のみ切除します。

境界悪性腫瘍

境界悪性腫瘍とは良性と悪性の中間的な性格を示すもので、組織診断で確定します。悪性腫瘍と比べて予後は良好で、多くの場合、手術のみで完治可能です。

悪性腫瘍(卵巣がん)

卵巣がんも小さい場合、自覚症状がないことが多いです。腫瘍が大きくなると、膀胱や直腸の圧迫による頻尿や便秘、リンパ管圧迫による下肢の浮腫などがおこります。腹水がたまると、お腹が張って腹囲が増大します。

治療

卵巣がんの治療の基本は、手術をして腫瘍をできる限り摘出することです。手術で腫瘍が残存した場合、抗がん剤を用いた化学療法を行い、その後再び手術を行い、できる限り腫瘍を摘出します。進行している場合は、術前に化学療法を行う場合もあります。

<< 婦人科の病気、トラブル 一覧へ戻る

クリニック情報

診療時間 Time Table

診療時間
 9:30~12:30
16:00~19:00

◎午後の初診受付は18:30まで ◎担当医はお問い合わせください。

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図 Access

〒533-0023
大阪府大阪市東淀川区東淡路4-30-2
イーズメディテラスⅡ4階

「阪急 淡路駅」東口から 徒歩1分

お問い合わせ電話番号

TEL:06-6990-5100

専用駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

初診の方へ|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら
診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2018 ヒロレディースクリニック All Rights Reserved.