東淀川・阪急線「淡路」駅徒歩すぐ『ヒロレディースクリニック』婦人科・産科(健診)・女性内科。経験豊富な産婦人科専門医が複数在籍、女性医師外来診察日もあり(予定)。月経異常、ピル、不妊症、性感染症など幅広く診療を行っています。

子宮頸がん、子宮体がん

  • ホーム »
  • 子宮頸がん、子宮体がん

子宮頸がん

子宮頸がんの発症にはヒトパピローマウイルス(HPV)が関与しているといわれています。このウィルスは健康な女性でも感染するありふれたウィルスで、約90%は自然に消失しますが、約10%が子宮頸部に持続感染をおこし、前癌病変(子宮頸部異形成)となり、子宮頸がんへと進展します。

症状

初期は無症状のことが多いですが、性交後の出血、不正性器出血が出ることもあります。

検査

子宮頸がんの検査は、子宮頸部をへらやブラシでこすって細胞を採取し、スライドガラスに塗り付けて、顕微鏡で異常な細胞がないか確認します。これを細胞診といいます。
細胞診で異常があれば、子宮頸部を拡大鏡で観察する「コルポスコピー」という検査を行います。その検査で異常を疑う箇所を狙って一部組織を採取して組織診を行います。

治療

組織診の結果で、軽度または中等度異形成の場合、定期的に細胞診と必要に応じてコルポスコピーで経過観察します。高度異形成もしくは0期の上皮内癌の場合は、妊娠の可能性を残すための子宮頸部円錐切除術を行います。Ⅰb期以上の場合、手術と放射線治療が行われます。

子宮体がん

子宮体がんとは、子宮体部から発生した癌です。子宮体がんの正確な原因はわかっていませんが、早期初潮、晩期閉経、未経妊、肥満などがリスク因子と考えられています。50歳前後に好発します。

症状

子宮体がんの約90%に不正性器出血がみられます。出血が少ない場合、茶色や褐色のおりものの時もあるので注意が必要です。

検査

子宮口から細い器具を挿入して、子宮内膜の細胞や組織を採取して細胞診、組織診を行います。お産をしたことがない方や高齢の方では、子宮口が狭くて器具が挿入できないことがあるので、その際は予め子宮口を広げる処置をしたり、麻酔をして検査をする場合があります。子宮内膜細胞診で異常がある場合は、静脈麻酔をした後、子宮内膜を全面掻把して、子宮内膜組織検査を行います。

治療

子宮体がんの治療は手術(子宮全摘術)が基本です。妊娠希望があって初期の場合、子宮内膜全面掻把と黄体ホルモン療法の選択肢もあります。進行している場合は、化学療法や放射線治療などをあわせて行います。

<< 婦人科の病気、トラブル 一覧へ戻る

クリニック情報

診療時間 Time Table

診療時間
 9:30~12:30
16:00~19:00

◎午後の初診受付は18:30まで ◎担当医はお問い合わせください。

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図 Access

〒533-0023
大阪府大阪市東淀川区東淡路4-30-2
イーズメディテラスⅡ4階

「阪急 淡路駅」東口から 徒歩1分

お問い合わせ電話番号

TEL:06-6990-5100

専用駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

初診の方へ|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら
診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2018 ヒロレディースクリニック All Rights Reserved.